モノクローナル抗体作製

工程

ペプチド合成、コンジュゲーション

キャリアたんぱく質にはKLHを使います。

免疫

BALB/C マウス3匹を用います。(短期免疫法または、通常免疫法)

細胞融合

短期免疫法も通常免疫法も3匹のマウスについて行います。

スクリーニング

最初はELISA法で行い、その後ウェスタンブロッティング、免疫染色などのスクリーニングを行います。
(当社のスクリーニングは、別途料金はいただいておりません。)

クローニング

最適なクローンを限界希釈法にてクローニングいたします。

納品

無血清培地による上清、およびハイブリドーマを納品いたします。

 

 

↑ページトップへ戻る